患者さんの情報をまとめて電子カルテに保存できる

男性

病院に必要なシステム

ナース

使い方

まず、電子カルテとは、どういったものなのでしょうか。電子カルテは従来の紙のカルテに代わり、パソコンに医療情報を入力するシステムのことを指します。今ではかなりの割合で普及していて、大きな病院では半数以上がこちらを導入しています。電子カルテを導入するメリットは、最初は使い方に戸惑うことがあっても、慣れてしまえば記録が早く出来ることや、パソコンで文字を打ち込むので、手書きよりも読みやすいといった点が挙げられます。さらに、データでカルテを管理するので紛失の心配がない点も魅力の一つになります。いざ電子カルテを使おうとなっても使い方がよくわからないという事もあるでしょう。電子カルテを使いこなすにはどうすればいいのでしょうか。電子カルテは、まず患者の名前や住所、保険者情報などを入力します。絞り込み検索ができるので、今日診察に来た人のみを表示したり、カルテの記載が終わり、あとは支払いをするだけの患者だけを表示させたりすることができます。電子カルテを使うにあたって、パソコンをあまり触った事の無い人は、とにかく触れてみることが必要です。そうしてパソコンに慣れていくことによって、苦手意識が和らぐでしょう。そして、もし操作に時間がかかってしまっても、落ち込むこと無く作業をしていきましょう。最初は不慣れでミスばかりでも、ある程度作業を繰り返していけば案外難しくないものです。ポイントをメモするなどして、努力を重ねていきましょう。