患者さんの情報をまとめて電子カルテに保存できる

婦人

新しい機能

レジ

最新式のレジが登場

軽減税率事業で導入が進んでいるposレジは、今後の社会で大きなニーズを獲得するようになります。従来型のレジから、タブレット端末を使用する形で操作できるようになるので、効果的かつ効率的にお金の管理を実施できるようになります。posシステムを採用するレジは、基本的にPC上のクラウドと連携しているので、しっかりとした管理能力を発揮できるようになっています。posシステムが導入されたレジは、顧客と金銭的なやりとりを記憶することを得意とするので、販売にかかる情報を根本的に整理できるようになるメリットを含みます。最大の特徴としては、売れた商品の種類・個数・金額など、多岐にわたるデータを一気に集約するシステムになっている点です。それと同時に、多様な要素を効果的に組み合わせることで、より一層詳細にわたるデータを作成・獲得することができるようになります。また、発注などのバック管理に必要不可欠なデータを毎回にわたって蓄積・分析できるため、今後の販売においての変動をしっかりと予測できます。posレジはタブレット端末のシステムを採用しているので、対象のタブレットに専用のアプリをダウンロードするだけでネットに接続可能なレジスターに変更できます。実用の例としては、顧客が自分でバーコードを読み取って会計を済ませるセルフレジを可能にします。それによって、レジにかかる従業員のコストを大きくカットできるようになります。