患者さんの情報をまとめて電子カルテに保存できる

婦人

多くの企業が採用する理由

レジスター

システムとそのメリット

posレジとは、文字通りposレジシステムを搭載したレジスターのことを指します。posとは「Point of Sales」という英語の略を示します。日本語で言えば、販売時点情報管理となります。このシステムはお客様との取引が完了した時点の販売情報を収集し管理します。この蓄積されたデータを店舗や企業がより高い売上を上げられるように分析し活用する訳です。これは元は小売や飲食のチェーン店が主に導入しておりました。ですが、最近ではそれ以外の業種や小規模の店舗でもこのposレジを導入することで、運営の改善に役立てています。posレジのメリットは上記の通り、データを自動で収集することにあります。いつ、どの商品が、どれだけ、いくらで売れたのかというデータを人力で収集していては、当然多くの労力とコストが必要となります。これらの無駄を省けるだけでもメリットといえるでしょう。また、これらのデータにお客様の性別や年齢などの要素を組み合わせることで更に有用なデータを集めることが可能となります。また、店舗で取り扱う商品のデータベースを作り、バーコードスキャナーなどの機能を連携させることで、値段や商品を打ちこむ手間を省き、またミスを減らすことも可能となります。このようにposレジの真価は多くの場面で労力、コストを削減することにあるといえます。以上のようにposレジもレジスターというカテゴリの中の一つではありますが、その活用法としては従来のレジスターと一線を画します。上記のようなメリットでもって、運営の改善に繋げられる有用なツールとして認められていることこそがposレジが多くの企業や店舗に導入されている理由であると言えるでしょう。